「マリンベイ」はじめました!

MARINEBAYマリンベイ

累積収支:-70.68 USDT

オンラインで船の転売ビジネスはじめました。

「マリンベイ(MARINEBAY)」は、数種類ある船のカードをP2P(個人間取引)で転売しながら利益を得て行くマッチングサービスです。仕組みは「エクスカシーファーム」とほぼ同じですが、「マリンベイ」の取引で使用するのは円ではなく暗号通貨のUSDT(テザー)になります。

「マリンベイ」をはじめた理由は「エクスカシーファーム」と同じで「&MACAUが元本回収して落ち着いた」「個人間取引なので運営に大きなお金を預ける怖さがない」「保有期間が4日〜7日と短いためリスクを許容しやすい」「100$程度の少額から参加できる」点ですね。

まず下準備として国内の暗号通貨取引所(ビットフライヤー等)でBTCなりETHなりを購入してから海外取引所(バイナンス等)に送信してUSDTと一部TRXに変換し、さらに「トラストウォレット」と言うウォレットに送ってようやくユーザ同士で遣り取りできるようになります。暗号通貨の初心者には少しハードルが高いかもしれません。

船のラインナップは以下の4種類。

・イエロー 販売待機4日 利率10%
・グリーン 販売待機5日 利率12%
・ブルー  販売待機6日 利率14%
・レッド  販売待機7日 利率18%

※現時点ではまだレッドシップは待機中

流れとしては毎日7時〜11時の間でマッチング処理が行われて11時過ぎに当選結果が発表されます。当選した場合は金額と相手のUSDTアドレスが届くのでそこに送信し、売却する場合は相手からの送金が確認出来たら確認処理をするだけ。基本はこれの繰り返しですね。「エクスカシーファーム」とは処理の時間帯がズレているので混乱せずに済みます。

「マリンベイ」の画面インターフェースはスマホゲームのようできれいなのですが、慣れるまでは若干わかりにくいかな?ただ予め利用可能な金額を設定できるので必要以上に当選して資金がショートしてしまうというリスクがなく、ちゃんと資金管理ができるように配慮されているのが親切ですね。オートハンティング機能で抽選申込が自動で行えるのも楽で助かります。

今回失敗したのがGMOコインにペイジーで入金してしまったこと。即時入金って書いてあるから悩まずに選んだけど、マネーロンダリング対策で7日間は外部に送信できなくて、ビットフライヤーから送信した約5万円分でしか取引できていないので、初週は予算不足で3隻しか取引できていません。

今週の収支 -70.68 USDT

購入 557 USDT

・イエローシップ 100 USDT
・イエローシップ 121 USDT
・グリーンシップ 336 USDT

売却 486.32 USDT

・イエローシップ 110 USDT
・グリーンシップ 376.32 USDT

気を付けるべき点としては、転売なので最初の内は仕入れ分でマイナスが発生すること。10回程度の転売を繰り返さないとプラスには転じそうにないのでそこがリスクと言えばリスクでしょうかね。

しばらく続けて様子を見たいと思います。


マリンベイの登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました